眼鏡サラリーマンの節約・投資生活!!

貯金ほぼゼロから2000万円貯金を貯める為のブログです

皆さんは読めますか??「ねんきん定期便」の見方

f:id:gutt6044:20210415223413j:plain

 

 

こんにちはグッチです(*'ω'*)

先日、「ねんきん定期便」たるものが私の家に届きました。

なんでも今後の年金についてまとめてあるみたいです。

早速確認してみると・・・

 

・・・何が書いてあるのかわからん!!

・・・調べてみても専門用語ばっかり!!

・・・こんなん皆わからないんじゃない??

 

ということで今回は年ねんきん定期便についてまとめてみました。

参考になれば嬉しいです!!

 

 

 

ねんきん定期便とは

ねんきん定期便は、毎年1回、原則として誕生月に日本年金機構から送られてきます。

対象は国民年金・厚生年金に加入中の人に届きます。50歳未満と50歳以上で記載方法が変わりますが、基本的な内容は変わらないので50歳未満の場合での読み方を記載していきます!!

 

ねんきん定期便は大きくわけて3段

ねんきん定期便は大きく分けて3段に分かれています。

  1. これまでの保険料納付額(累計額)
  2. これまでの年金加入期間
  3. これまでの年金実績に応じた年金額

 

f:id:gutt6044:20210415230347p:plain

実際に送られてきたハガキを見ながら確認してみましょう!!

 

1・これまでの保険料納付額(累計額)

1段目は文字通り、これまで納付した金額が載ってます。会社勤めの人は保険料は会社と半分ずつですが、ここでは個人が負担した金額が記載されてます。

私の納付額でいうと合計で¥5,759,553-になります。

 

2・こまでの年金加入期間

2段目も文字通り、年金の加入期間を表します。

国民年金(上段)は自営業や学生の時に支払ったもの、厚生年金保険は会社員として働きだしてからの期間になります。

私の場合、大卒になるので20歳~22歳までの3年間は国民年金、それ以降は厚生年金になります。

重要:支払い期間はちゃんと確認しておいた方がいいです。何度か支払いがされてないようになっていることがニュースで問題になってます。

謝りや漏れがあった場合は日本年金機構の「お問合せ先」に連絡しましょう!!

 

3・これまでの加入実績に応じた年金額

最後はたぶんみなさんが気になっている、「年金はいくらもらえるのか」という項目に関する項目です。

合計金額のところを見ると¥627,716-となっています。

これは年で¥627,716-貰えることを指します。

 

・・・少なくない?と思う人それは正しい考えです!!

これはあくまで現時点で年金を納めなくなった時に貰える金額なのでこれからきちんと納付していけばだんだんと増えていきますのでご安心ください。

 

年金は将来減るの?無くなるの?

もう一つ気になることとして、年金の将来性になります。

結論から言うと無くなることはないです!!ただ少しは減るかもしれないですけど多くは減らないです。

理由としては日本年金機構は世界一と言っていい程の投資機関になります。

そのため、毎年大損しない限り年金が減ることはないです。

なので今後の老後の為にはしっかり年金を納付しましょう!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本日は「ねんきん定期便」についてまとめました。

参考にしていただけると嬉しいです。

 

 

本日も見ていただきましてありがとうございます。

コメント・スター・読者登録していただけますと励みになります!!

また、ブログ村にも参加しております。よろしければこちらもポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村